リバウンドの少ないダイエットとは

ダイエットの際は、体重を減らすことはもちろん、同時に体脂肪も減らし筋肉を適度に付けることが成功への近道になります。
食事面に関しては、朝昼夕の3食を栄養バランス良く摂取することが大切です。
特に朝食と昼食をしっかり食べておけば、夕食の量を減らすことができます。

摂取カロリーに関しては、2000kcal弱にすることや、糖質を控えめにすることが重要です。
糖質は脳を動かすために必要不可欠なエネルギー源になっているので、1食でおにぎり1つか8枚切りトースト1枚程度を最低でも食べていなければ、日中は活動的に過ごすことができなくなります。
なお、たんぱく質摂取は筋肉をつけるために大切な栄養素になってくるので、肉や卵などの動物性食品と大豆などの植物性食品を毎食摂取する事も欠かせません。

運動については、毎日激しい運動や筋肉トレーニングに取り組んでしまうと途中で挫折する可能性があります。
週に4日から5日程度の有酸素運動が挫折しにくいことから、ウォーキングやエアロビクス、ラジオ体操などの軽度から中度の運動をしておくと、ゆっくりと体重や体脂肪が減っていきます。

日常生活では会社や駅などに設置されているエレベーターやエスカレーターをなるべく使わずに、階段を使っていれば下半身強化につながります。
そのため肥満状態から標準体重に戻った後も、階段利用の習慣を継続しておきましょう。
これをやめてしまうと歩数が減ってしまうことや筋力低下につながるので、リバウンドの懸念が高まってしまいます。